スポンサーリンク

2017年06月07日

プリズンブレイク シーズン5まとめ

今回は全体的にいまいちな出来だった気がする。
ストーリー展開としてはとても単純。
死んだと思っていたマイケルが実は生きていて、遠い国で収監されている。
助けに行ったリンカーン、なぜそんなことになっていたかというと、ポセイドンという今回の黒幕に脅されて仕方なく政治犯になっていたのだそう。
そこから本国にいるポセイドンとのバトルになる。

なぜいまいちだったか。

一番の要因はシーズン4できれいに完結していたのに無理やり続けてしまったところ。

マイケルはサラのために犠牲になり墓まで作ってきれいに終わったのに、実は隠れて生きてました何年も、なんて無理がありすぎる。

その無理を通すための理由が練りに練られていればよいのだけど、ポセイドンという奴に脅されて仕方なく、というのがなんともひどい。

頭脳明晰なマイケルを屈服させるくらいだからさぞやキレ者かと思いきや、わずか数話でボロを出してしまうポセイドンさん。
部下もたった二人しかいない上に一人にはあっさり裏切られる。

話数が少ないから最後の数話はやっつけ感が否めなかったのもよくない。
ポセイドンさんすごい!頭良すぎ!みたいな場面は皆無。
なんであんな奴に脅されてタンでしょうか。

それでもファンドラマとして見るなら好きな人は楽しめるのだろう。
マホーンがいたらもっとよかったかも。












posted by tom at 11:54| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

プリズンブレイク シーズン5 第9話

huluで視聴中。
まずはざっくりあらすじ。

ポセイドンことジェイコブの家に侵入したマイケル。
あっさり侵入できたのは罠でジェイコブの手下に銃を向けられるマイケル。
なぜだか突然手下の一人、男のほうが良心の呵責に苛まれ出し、女が男を撃つ。
仲間割れである。
その隙にマイケルはマイクを連れて逃げる。
そんなバカなという感じだが、僅かの隙をついて逃げる。
結局マイクはジェイコブの手に落ちてしまう。
その後はかのりグダグダ。
ポセイドンの本拠地である大学の隠し部屋に潜入し、秘密のたっぷり詰まったハードディスクをゲット。
それとマイクを引き換えにとジェイコブに持ちかける。
息子ができてすっかりいい人になってしまったティーバッグとその息子ウィップを仲間に入れ、ジェイコブとの最後の決戦へ。
倉庫で最後の決戦。
想定の範囲内かと思いきやそうではないようで、ウィップが撃たれてお亡くなりに。
怒りに震えるティーバッグ、ジェイコブの手下をあっさり屠殺。
ジェイコブはマイケルの罠に落ちてあっさり逮捕される。
CIA長官お出ましでマイケルのこれまでの罪は晴れて無罪放免。
刑務所にぶち込まれたジェイコブは同居人がティーバッグであることを知り青ざめる。
彼の絶叫とともにストーリー完結。

はっきりいって無茶苦茶なストーリーである。
たった1話で5話分くらいをまとめた感じ。
いくらなんでも無理がある。

だいたいからしてジェイコブに威厳もオーラもなさすぎる。
頭脳派なはずがポカばかりだし。

手下は突然殺人その他を躊躇いだす始末。
なんなんでしょうか。

CIA内に信奉者が多くいて21ボイドという独自組織を構築するまでの男、ジェイコブがあっさりFBIに捕まるのも謎だ。

さすがにティーバッグの魅力を持ってしても取り繕えないくらいのストーリーの破綻ぷり。

ぜひシーズン6は24話フルサイズでちゃんとしたプリズンブレイクを視聴させてほしい。

それにしてもリンカーンモテ過ぎ。














posted by tom at 01:09| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

プリズンブレイクの限界

プリズンブレイクはその名の通り脱獄がメインのシーズンはかなり面白い。
脱獄した後、刑事と逃走劇を繰り広げるのもそれなりに面白い。

が、こと相手が暗殺者などになると途端に失速する。

なぜか。

やはりプロの暗殺者が何度も取り逃がしたり失敗する部分を描かれると緊迫感に欠けてしまうからだろう。
といってプロの暗殺者の成功はつまり登場人物誰かの死なわけで、おいそれと連発するわけにもいかない。

ものすごく制約の強い監獄という場所から、頭脳とチームワークで脱出する、それが非常にスリリングで面白いわけだけど、そう毎回収監されるわけにもいかないわけで、プリズンブレイクにはやはりこの限界がつきまとうのだろう。



posted by tom at 09:48| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

プリズンブレイク シーズン5 第8話

huluで視聴中。
まずはざっくりあらすじ。

逃亡中のマイケル達はマルセイユへ。
そこからリンカーンの機転で空路でニューヨークへ。
サラは旦那で黒幕ポセイドンであるジェイコブに監禁される。
マイケルはサラの息子のマイクを助けるためジェイコブの自宅へ。そこでマイクの描いた絵を発見、自分の居場所を知らせる暗号だと見抜き、その場所へリンカーンと行く。
が、その絵はジェイコブが描いたものだった。
暗殺者がマイケルとマイクに迫る。
ウィップは実はティーバッグの息子、という流れも並行して進行中。

ここまで。

なんだかポセイドンであるジェイコブの小物感が増してきましたな。

何人もの人間を動かせ政局の中枢とも知り合いのはずが、手駒は暗殺者二人のみ。
しかもこの二人、マイケルやリンカーン、サラの殺害に少なくとも4回以上は失敗してます。
本当にプロなんでしょうか。

息子の描いた絵を見て暗号だ!僕のDNAを受け継いでる!とか考えてしまうマイケルの親バカっぷりはいいですね。
ジェイコブの罠らしいですがこれ。

しかしこんなに簡単に反旗を翻せるなら、初めからジェイコブなどに服従せず、持ち前の頭脳で裏をかいていればよかったと思うのですが。
実際今回は何度もジェイコブの裏をかいてるわけで。
要職に就いてるケラーマンにそうとばれない方法でポセイドンの正体を伝えるとかいくらでもあったでしょうに。
ポセイドンが巨大過ぎてとても歯向かえない、という当初の設定に無理がありましたね。
これならシーズン4の将軍閣下のほうがよっぽど大物でした。







posted by tom at 11:44| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

ドラマに豪邸がよく出てくる理由

ドラマを見ていると現実社会との歴然とした差に気付く。

刑事や大学教授といったサラリーで生きている普通の人間がかなりいい家に住んでいるのだ。

海外ドラマで顕著だが、日本のドラマでもこの傾向は強い。

家だけではない。
車も着ている服もつけている時計もみな一級品だ。
これが経営者や著名な投資家などのエスタブリッシュメントならまだ分かるが、そうではない一般の人という役柄であってもこの傾向は強い。

なぜなのか。

これはもうドラマそのものがCMの役割を果たしているのである。
ドラマに出てくる瀟洒な邸宅や食事が人々の消費欲求を刺激する。

まさに消費社会の一大広告、それがドラマなのだ。
身近な役という設定でありながら、その生活水準は異様に高い。

あなたもこんな生活がしたくはありませんか、まさにそう問いかけてくるかのようだ。
posted by tom at 22:45| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

プリズンブレイク シーズン5 第7話

huluで試聴中。
まずはざっくりあらすじ。

砂漠からの脱出途中で負傷したマイケル。
緊急に輸血が必要なためリンカーンがサラを呼び、ギリシャのクレタ島で落ち合うことに。

ここでマイケルとサラ、感動の再会。
何やらあっけない。
マイケルは一命を取りとめ、サラの夫がポセイドンだと告げる。
マイケルはスクレに頼みクレタ島から船で脱出するも、アメリカ空軍に突撃されあわや捕まるか、というところで、スクレの機転で危機を脱する。
サラは一旦家に帰り、銃をつきつけ夫を問い詰めるも、子どもを人質にされ銃を下ろす。

ここまで。

マイケルほどの頭脳がありながら、ポセイドンの言いなりに死亡工作をしてサラの前から姿を消すというのが何とも不自然。
ポセイドンは今のところそれほどクレバーにも見えないし(ティーバッグに写真撮られたりしてる)メッセージを残したり出し抜いたりすることくらい容易だつたのでは。

いまいちのれない感じなのはこの無理やり設定のせいだろうか。
ポセイドン、あっさり正体がばれるところ小物感満載だし。

このシーズンは9話で終わるようなのでこんなものか。


posted by tom at 12:55| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク