スポンサーリンク

2018年04月01日

FF3 ジョブ考察(DS版)

DS版FF3 のジョブについてざっくり書く。
基本的にはPSP版、iPhone版も同じである。
ただしやりこみ要素であるたまねぎ剣士は除いている。

まずはおすすめジョブから。
効率的な攻略を目指すなら使うべき。

・戦士
最高のおすすめ。序盤からラスボス戦まで使える。
ラグナロクとブラットソードの二刀流で踏み込めば不死身アタッカーの出来上がり。
序盤から手に入るので熟練度を99まで上げておけば最終的にはふみこむで15000以上のダメージを与えることが可能。
おまけに結構素早い。
ゲームバランスを崩壊させるほどの強さ。

・吟遊詩人
最高のサポート役。
竪琴を全て揃えて状況に合わせてうたう。
ダンジョン探索ではゆめの竪琴で回復、ラスダンのボス戦ではラミアの竪琴装備で9999を連発できる。
味方の攻撃力も上げれるし防御力も上げれる。
素晴らしい。

・赤魔道士
まさかのおすすめ。
中盤から何もできなかったFC版とは違い終盤まで大活躍する。
エクスカリバーも装備できるし杖もいける。
ラスダンの雑魚敵はゴールムの杖二刀流で導師と組んで石化祭りをすればいい。
ボスはエクスカリバーに持ち替えてアタッカーに。
ディフェンダーでプロテス要員もできる。
いろいろ活躍可能。

・導師
終盤の回復役に。
雑魚敵はゴーレムの杖二刀流で葬る。
ボス戦では実はやることない場合があるので、育ってるなら賢者でもいい。

・賢者
遅いのがかなりのネック。
全ジョブ中一番遅い。
それでも回復もできてバハムルのオーラも使えてと導師より活躍の場は広い。
回復がかなり必要なら導師のほうがいいがパーティーのレベルが60超えるあたりからは賢者のほうがいろいろできて便利。

・風水師
中盤のおすすめジョブ。
入手してからエウレカまでは風水師3人と白魔道士のパーティーでほとんど突破可能。
中盤の難敵ガルーダもゴールドルもドーガもウネもこのパーティーでいける。強すぎる。
そしてエウレカは風水師の独壇場。シャドウフレア連発で各武器を守るボスにもあっさり勝てる。
ラスダンはさすがに息切れがひどく風水師のみでは心許ない。
他のアタッカーを用意すべきだが、途中から頑張るよりエウレカまでサクサク風水師で進めてから戦士とかを育てるほうが全然早い。

・狩人
みだれうちは確かに強い。が、矢は消耗品なので好みが分かれるところ。
育てればみだれうちで2万程度のダメージを与えられる。ただしとても打たれ弱い。後列でも結構不安。

・竜騎士
かなり強い。装備も揃ってる。
グングニルとブラッドランスで戦士と同様不死身ファイターが作れる。
ジャンプは1ターン余計にかかるのでそこがダメ。



次に使っても使わなくてもどっちでもいいジョブ。

・忍者
FCでの輝きはどこへやら。それなりに強いが打たれ弱いしなげるを積極的に使わないならそれほどありがたみがない。前列においておくと結構不安。

・空手家
HPの上昇がすごいので終盤のレベル上げは空手家で。
やりこむつもりがないならHP上昇用の価値しかない。
逆にジョブ熟練度も手熟練度も99にするつもりがあるなら鬼神の如き攻撃力になるので育てるのもあり。
普通にクリアするだけなら打たれ弱いのでそれほどおすすめではないジョブ。

・シーフ
意外とアタッカーもできる。
オーディンからグングニルを盗むつもりなら熟練度を計画的にあげておく。71まであげる必要がある。

・モンク
あまり使う必要性がない。
戦士のほうが断然強い。

・白魔道士
可もなく不可もなく。
終盤までの回復の要。

・ナイト
遅い。遅すぎる。
すばやさがないのでヒット数が伸びにくくアタッカーとしてはパッとしない。
戦士のほうがかなり強い。
戦士の上位互換なふりして実は全く別物。

・学者
これも使う必要性がない。
FC版ではハイン戦で半ば必須だったが今作では風水師が強化されたので出番なし。
ハインも風水師3人パーティーで楽勝である。
攻撃アイテムを使えばかなり強力だがそれが必須な場面がない。



最後に残念なジョブ。特殊な局面以外ではほぼ使うことはないだろう。

・黒魔道士
今作は攻撃魔法が弱い。よって黒魔道士はおおねずみ戦くらいしか使えない。

・魔人
名前はかっこいいが黒魔道士と同じく使えない。

・幻術士
合体召喚以外が弱すぎるのでそれしか使えない幻術士に利用価値はない。

・魔界幻士
ババムルやリバイアは強力だが、回数もそれほどないので無理して使う必要はない。

posted by tom at 01:23| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

『幻想水滸伝V』

幻想水滸伝V Play Station2 the Best
コナミデジタルエンタテインメント (2006-12-07)
売り上げランキング: 1297

カップルでRPGゲーム。

そんなインドア派カップルにオススメなのがこの『幻想水滸伝』。
その中でも特にXがオススメ。

大河系RPGとはよくいったもので、物語がとても壮大。
そして仲間が100人以上いるから、誰を使うかとか、そんなことを二人で話し合うのも、とっても楽しい。
音楽も素晴らしく、前作からは登場人物がしゃべるので、より感情移入しやすくなっている。

2年以上一緒に暮らしている学生カップルなんか、二人で同じゲームを進めれば、もしかしたら2年目のジンクスも笑い飛ばせるかも。

posted by tom at 02:54| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

『トラキア776』

ファイアーエムブレム トラキア 776
任天堂
売り上げランキング: 7666

『ファイアーエムブレム』史上最高難易度と誉れ高き本作、噂は嘘ではなかった。

まず、そもそも武器が足りない。
圧倒的に。

敵から武器を奪い取っていかなくては、ゲームが進んでいかない。
自前の武器だけではすぐ使用回数が尽きてしまう。

しかし序盤で敵から武器を奪うには、『捕獲』というコマンドを使う必要がある。
捕獲コマンド中ではパラメータが落ちた状態で戦わなくてはならないのだ。

ただでさえ劇弱なパーティ、捕獲なんぞしていては返り討ちにされてしまう。

『ファイアーエムブレム』シリーズは異常に中毒性の高いゲームシリーズなのだが、まともにやるには本作は難易度がちょっと高すぎる。

とはいえ、始めを耐えればお約束のカタルシスの連続。
鍛えまくったキャラを敵陣に突っ込ませて、並み居る敵を殲滅させて悦に入ることも可能。

プレイは2度目だが、相変わらず物凄い中毒性だな。

posted by tom at 20:04| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

『ゼノギアス』

ゼノギアス
ゼノギアス
posted with amazlet at 09.03.02
スクウェア (1998-02-11)
売り上げランキング: 2382

昔ハマったRPG.

ストーリーがとてもよかった。

天界だとか、ゼウスだとか、種の起源だとか。

ああいうの織り交ぜたストーリーは神秘的でいいね。

ただ神秘的なだけじゃなくて、適度にグロい要素もちゃんと盛り込んである。

えぇ!!って軽く衝撃を受けるくらいの。

でもグロすぎてユーザーに引かれたりはしない。

そのサジ加減が素晴らしすぎる。

終盤で、昔の仲間が変わり果てた姿となって立ちふさがるところの衝撃といったらもう………

これは小説にしたらあんまり面白くないんだろうな。

ゲームだから成り立つ面白さ、それを体現した典型みたいなゲームだ。

posted by tom at 22:45| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

『クライシスコア』

ゲームでここまで感動したのは初めて。

途中までは何てことないストーリーで、特に感動もなく進む。

ニブルヘイムという村に突入して、ストーリーが佳境に入ってからの展開がやばい。
ものすごくキレイなムービーと相まって、映画並みの感動が待ち受けている。

システムうんぬんは置いておいて、エンディングだけでここまで感動させるなんて凄すぎる。


posted by tom at 19:41| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク