スポンサーリンク

2017年05月26日

橋下徹 VS 苫米地英人 悪質なテレビ編集

2017年1月の橋下徹氏の番組で、橋下氏は苫米地英人氏と討論をしている。
二人とも論理性で売っている著名な論客なわけで、興味深さから視聴した。

ディベートではないけれど、純粋に文字に起こして論理性だけを追ったならば苫米地氏の勝ちだろう。
ただし多くの人はそうは思わないのではないだろうか。

橋下氏は自らがテレビにどう映っていて、どういう風に話せば視聴者が納得性を持つかというのを熟知していて、それを徹底的に使いこなしている。
なので終始橋下氏のほうが落ち着いていて、的確にゆっくり内容を吟味しながら話しているように見える。

けれど中身はそうではない。

一番顕著なのは、政治家は100年後、200年後のグランドピクチャーを描くのが本来の仕事で、それはテレビでガンガン言っていい、という苫米地氏に対して、最初にそれは言ってはいけないと言ったじゃない、と失笑まじりに反論する橋下氏。
ここで討論は終わる。

しかもテロップでデカデカとこの流れを出して、あたかも苫米地氏の意見が一貫していないかのような編集をする。

苫米地氏はそんなことは一度も言っていなく、政治家は一つの政策等について強く言うのは避けてほしい、と言っているだけに過ぎない。

ただこれも苫米地氏が早口過ぎて注意深く聞いていなければ聞き流してしまいそうな部分ではあるが。

ディベートでは大いに有利になる早口も、こういう素の討論では聞いている側に、この人は感情的にまくしたてていると思わせて不利に働く。
実際、苫米地氏はかなり早口でまくし立てて喋るので聞き取りにくい。

司会が有能なら議論の錯綜を補正できたろうが、ただのアナウンサーであったため、終始議論は平行線のまま進む。

そして悪質な編集により、橋下氏が勝利したかのような印象で討論は終了する。
視聴者を誘導したい意図がみえみえで、何とも不快な編集だ。

もっと有能な司会を立てて、それぞれの話し手の述べていることを即座に理解してもらい、議論が噛み合うよう誘導してほしいところだ。





posted by tom at 05:32| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク