スポンサーリンク

2016年11月06日

iPhone7 Plus ジェットブラック、歴代最高のiPhone

iPhone7 Plusのジェットブラックを使って3週間。
間違いなく歴代最高のiPhoneだろう。

まずもって、新色ジェットブラックの完成度の高さ。
とにかく美しい。
従来のiPhoneだと裏と表がきっちり分かれていて、裏にはアンテナラインがでかでかと目立っていたのだけれど、ジェットブラックは裏と表の区別がほとんどつかない。
アンテナラインもほとんど分からない。
なのでスリープして置いておくと裏表区別がつかず、それがまた統一感があってとても美しい。
そして手触りも最高によい。まるで手に吸いつくような持ちやすさだ。
傷がつきやすいと言われているが、全くそんなことはない。
もちろんぶつければ従来のiPhone同様傷はつくが、何もせず普通に使っているだけで傷だらけになる、ということはない。
まずは店頭のモックを触って感触をつかもうと考える人が多いだろうが、ガチガチにチェーンでロックされたiPhoneを少し触っただけでは良さが分からない。
ほんとに不思議なのだけれど、数日使い倒してみて初めてその素晴らしさに気づく。
このジェットブラックの完成度の高さだけでiPhone7を使う理由になるくらいだ。
デザインが美しいと使うことそのものが喜びになる。
素晴らしい。

そしてもはやiPhoneでは当たり前だけれど、サクサク動いてレスポンスがとてもいい。
Apple Payでこの美しいiPhone一つあれば出かけられるのも嬉しい。
Apple Payはまだ始まったばかりで登録できるカードもかなり限られているけれど、Suicaを経由させれば実質的にはほとんどのカードを使うことができる。
Suica自体はアプリで仮想的に発行できるので、ものの数分で登録が完了する。

iPhoneの完成度の高さには毎度驚かされるが、こんなに触って楽しいiPhoneは久しぶりだ。
6sからPlusを使っているが、一度この大きな画面に慣れてしまうと、快適過ぎて小さいiPhoneには戻れない。







posted by tom at 05:00| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク