スポンサーリンク

2016年09月28日

プログラミング必修化は非常に残酷

少し前ですが、文部科学省が2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化を検討すると発表しましたね。

知的行動の中でプログラミングほど適性が分かれる分野も珍しいです。
相手がコンピューターですから、他の科目のようなファジーさは一切許されないですし、高度な論理的思考力が要求されます。
これを小学生時代からやらされた日には、適性がない人はたまったものではありません。
プログラミングは、理数系が苦手なお子様はだいたいが適性がないでしょうから、おそらく半数以上の人に適性がないでしょう。
事実そういった調査論文も出ています。
適性がない人はいくら時間をかけようがその分野の能力が大きく向上したりはしません。
理数系が苦手、論理的思考が苦手、そういったお子様方には受難の時代といえるでしょうね。
このような苦手科目に足を引っ張られては得意科目に割く時間も減ってしまうでしょうから。

プログラミング必修化で恩恵があるとすると、プログラミングに強い適性のある人を早期に発掘できるという点でしょうか。
類まれなるプログラミングの才能を持ちながら、プログラミングに触れてこなかったがためにその才能を発揮できなかった人を減らす、ということです。
でもそんな天才はごくごく一握り、そのためにその他の多くの人間に苦痛な時間を強いるのはとても酷ですね。
マクロな視点で見て国家戦略としては正しいのかもしれませんが、多くのプログラミング難民を生みだすことは想像に難くないわけで、なんとも残酷な施策です。









posted by tom at 04:55| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク