スポンサーリンク

2015年08月23日

『時をかける少女(2006年アニメ版)』レビュー:鑑賞に忍耐を要する映画

鑑賞に多大な忍耐を要する。
まず声優がひどい。もう本当にひどい。なぜプロの声優を使わないのか。もう下手過ぎて話にならない。
脇役だけでなく主役関連のキャラもこうだと観ているのが辛くなる。

誰が誰を好きだというのがやたら重大ごとのように描かれるのも違和感がある。誰もが高校時代こうだったわけではあるまいに、日々の関心事のレベルが低くて全く共感できない。

ストーリー展開も非常に雑。
主人公の友人である康介が事故を起こしそうになる場面があるが、いくらブレーキが壊れてるからといって、主人公と同じ場所で事故るわけがない。あの急坂で事故るまでブレーキを使わないというのもありえないし。仮にあそこまでブレーキを使わなかっとしても、あんな急な坂なら降り始めた瞬間からブレーキを握るもんじゃないの?普通は。ここまで展開のリアリティを放棄されると全く映画に感情移入できなくなる。サマーウォーズに通ずるものがあるが、SFは何でもありではない。物語の設定は現実世界ではありえないものでも一向に構わないが、決められた設定の中では徹底的に論理的整合性をとるべき。でないと見ている側が細かい突っ込みどころでつまずいてしまってストーリーを楽しめない。

posted by tom at 04:25| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク