スポンサーリンク

2017年06月07日

プリズンブレイク シーズン5まとめ

今回は全体的にいまいちな出来だった気がする。
ストーリー展開としてはとても単純。
死んだと思っていたマイケルが実は生きていて、遠い国で収監されている。
助けに行ったリンカーン、なぜそんなことになっていたかというと、ポセイドンという今回の黒幕に脅されて仕方なく政治犯になっていたのだそう。
そこから本国にいるポセイドンとのバトルになる。

なぜいまいちだったか。

一番の要因はシーズン4できれいに完結していたのに無理やり続けてしまったところ。

マイケルはサラのために犠牲になり墓まで作ってきれいに終わったのに、実は隠れて生きてました何年も、なんて無理がありすぎる。

その無理を通すための理由が練りに練られていればよいのだけど、ポセイドンという奴に脅されて仕方なく、というのがなんともひどい。

頭脳明晰なマイケルを屈服させるくらいだからさぞやキレ者かと思いきや、わずか数話でボロを出してしまうポセイドンさん。
部下もたった二人しかいない上に一人にはあっさり裏切られる。

話数が少ないから最後の数話はやっつけ感が否めなかったのもよくない。
ポセイドンさんすごい!頭良すぎ!みたいな場面は皆無。
なんであんな奴に脅されてタンでしょうか。

それでもファンドラマとして見るなら好きな人は楽しめるのだろう。
マホーンがいたらもっとよかったかも。












posted by tom at 11:54| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク