スポンサーリンク

2017年06月06日

プリズンブレイク シーズン5 第9話

huluで視聴中。
まずはざっくりあらすじ。

ポセイドンことジェイコブの家に侵入したマイケル。
あっさり侵入できたのは罠でジェイコブの手下に銃を向けられるマイケル。
なぜだか突然手下の一人、男のほうが良心の呵責に苛まれ出し、女が男を撃つ。
仲間割れである。
その隙にマイケルはマイクを連れて逃げる。
そんなバカなという感じだが、僅かの隙をついて逃げる。
結局マイクはジェイコブの手に落ちてしまう。
その後はかのりグダグダ。
ポセイドンの本拠地である大学の隠し部屋に潜入し、秘密のたっぷり詰まったハードディスクをゲット。
それとマイクを引き換えにとジェイコブに持ちかける。
息子ができてすっかりいい人になってしまったティーバッグとその息子ウィップを仲間に入れ、ジェイコブとの最後の決戦へ。
倉庫で最後の決戦。
想定の範囲内かと思いきやそうではないようで、ウィップが撃たれてお亡くなりに。
怒りに震えるティーバッグ、ジェイコブの手下をあっさり屠殺。
ジェイコブはマイケルの罠に落ちてあっさり逮捕される。
CIA長官お出ましでマイケルのこれまでの罪は晴れて無罪放免。
刑務所にぶち込まれたジェイコブは同居人がティーバッグであることを知り青ざめる。
彼の絶叫とともにストーリー完結。

はっきりいって無茶苦茶なストーリーである。
たった1話で5話分くらいをまとめた感じ。
いくらなんでも無理がある。

だいたいからしてジェイコブに威厳もオーラもなさすぎる。
頭脳派なはずがポカばかりだし。

手下は突然殺人その他を躊躇いだす始末。
なんなんでしょうか。

CIA内に信奉者が多くいて21ボイドという独自組織を構築するまでの男、ジェイコブがあっさりFBIに捕まるのも謎だ。

さすがにティーバッグの魅力を持ってしても取り繕えないくらいのストーリーの破綻ぷり。

ぜひシーズン6は24話フルサイズでちゃんとしたプリズンブレイクを視聴させてほしい。

それにしてもリンカーンモテ過ぎ。














posted by tom at 01:09| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク