スポンサーリンク

2017年06月05日

まだビットコインの利用が普及しないであろう理由

最近ビットコインをはじめとした仮想通貨の話題が多い。
価格が急騰してるから、というのもあるが、様々な企業がビットコインによる決済を認め出したからだろう。

それでもまだまだ課題はある。

まず価格変動が激しすぎる。
特にこの暴騰局面において、数週間で何倍かになる可能性のある通貨をおいそれと使おうとは思わないだろう。

もう少し価格が安定するまでは、とりあえず保有目的でビットコインを持つ人はいても、使おうとは思わないのではないか。

そしてこれも大きな要因だが、決済にとても時間がかかる。

既存の電子マネーならタッチして即決済が完了するが、ビットコインなら10分は待たされるらしい。

逆に、この二つの問題が解消されて、何かの起爆剤があれば、ビットコインは爆発的に普及するだろう。

起爆剤は例えば有名店舗などがポイント付与をビットコインで、などとすれば一気に流行る可能性はある。
とにかく一般の投資など興味がない層に、ほぼ無料でビットコインを付与する機会があればよい。

二つの問題のうち、前者の解消はタイミング的に難しいかもしれない。

暴騰が落ち着いて、それでもビットコイン利用が普及していなければ、今度はそれが原因で暴落につながるかもしれない。
暴騰が落ち着いたタイミングでじわじわビットコイン利用も普及していなければ、なかなか安定的な価格推移にはならないのではないか。

後者の問題は純粋にマイニングの問題で、これはマシンスペックその他で解決できるかもしれない。
一番の期待は量子コンピュータだが、これもまだ確定的ではない。

ただこれらの問題も数年内に解決する可能性が高く、そうなるとそこが投機対象としてのビットコインの終焉なのかもしれない。








posted by tom at 12:27| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク