スポンサーリンク

2017年05月20日

『告白』レビュー:違和感たっぷりの進行

湊かなえ原作、松たか子主演。

最愛の娘を殺された先生が、殺した犯人である生徒二人へ復讐するお話。
この手の話によくあるような偽善的な展開が一切なくてそこはとてもよいのだけれど、物語の進行に違和感がある。

松たか子演じる女教師は緻密に復讐計画を練るのだけど、いくら犯人である中学生二人を追いつめるよう計画したところで、あんな風に精神的に壊れるだろうか。

それが計画の範疇なのだとしたら随分ご都合主義だし、勝手に壊れたならお粗末な計画と言わざるを得ない。

そして表現方法がとても稚拙に感じる。

精神が壊れたら叫ぶ。みんな叫ぶ。
そして血を見たら悲鳴。
鼻血を見たくらいで悲鳴をあげる子なんているのだろうか。

最後、主犯の生徒が自らの母親を自作爆弾で吹っ飛ばしてしまったことを聞いて大声で叫び続けるのだけど、1分もしないうちに男性教師やら何やらにつまみ出されるはず。
今や部外者となった女教師の独白を皆が黙って聞いてるのも不自然すぎる。

この手の報復系の話だと、特に日本での作品の場合は復讐を結局諦めることが多くて、そんな陳腐で偽善的なストーリー展開に飽き飽きしていた多くの人には新鮮で良い展開なのに、小さな違和感の積み重ねで素直に楽しめない。

非常に残念。





posted by tom at 01:43| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク