スポンサーリンク

2017年05月18日

仮想通貨の環境整備が追いついていない

仮想通貨のポテンシャルの高さは凄まじいものがあるが、まだ法律などの環境の整備が追いついていないのも事実。
特に税制面。
仮想通貨で得たキャピタルゲインがどの税収に該当するかが明確にされていないというのだから投資する側からすると不安が残る。

どの区分であっても総合課税だろうからそこも苦しいところ。
儲けすぎると累進課税で半分を税金で持っていかれてしまう。

税制面だけでなく取引コストの面でも株やFXに比べるとまだまだだ。

まだ取り扱い業者が少ないので十分な競争がされておらず、コストが高い。

入金、出金のコストもあるし通貨を購入すること自体に対するコストもある。
だが一番大きいのは買値と売値の差であるいわゆるスプレッド、これが仮想通貨の場合大きすぎる。
2017年5月現在、通貨によるが、ビットコイン以外の仮想通貨だと2-5%のスプレッドもざらで、しかも固定ではないので買おうと思ったらとてつもなく高値をつかまされる可能性があるので注意が必要だ。



posted by tom at 11:28| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク