スポンサーリンク

2017年05月24日

プリズンブレイク シーズン5 7話

huluで試聴中。
まずはざっくりあらすじ。

砂漠からの脱出途中で負傷したマイケル。
緊急に輸血が必要なためリンカーンがサラを呼び、ギリシャのクレタ島で落ち合うことに。

ここでマイケルとサラ、感動の再会。
何やらあっけない。
マイケルは一命を取りとめ、サラの夫がポセイドンだと告げる。
マイケルはスクレに頼みクレタ島から船で脱出するも、アメリカ空軍に突撃されあわや捕まるか、というところで、スクレの機転で危機を脱する。
サラは一旦家に帰り、銃をつきつけ夫を問い詰めるも、子どもを人質にされ銃を下ろす。

ここまで。

マイケルほどの頭脳がありながら、ポセイドンの言いなりに死亡工作をしてサラの前から姿を消すというのが何とも不自然。
ポセイドンは今のところそれほどクレバーにも見えないし(ティーバッグに写真撮られたりしてる)メッセージを残したり出し抜いたりすることくらい容易だつたのでは。

いまいちのれない感じなのはこの無理やり設定のせいだろうか。
ポセイドン、あっさり正体がばれるところ小物感満載だし。

このシーズンは9話で終わるようなのでこんなものか。


posted by tom at 12:55| Comment(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

成長がないと人生は退屈極まりない

人生がつまらない、退屈だ、そう感じたら足りないのは成長だ。

遺伝的に人間は成長がないと不満を感じるようにできている。
そういう仕様なのだ。

だから安定しきったなんの成長もない生活を送っていると不満を感じてしまう。

成長のためには変化が必要だ。
変化すれば何でもが成長につながるわけではないが、変化しなければ決して成長はできない。

そういう意味では変化を嫌うとそこで成長が止まり、退屈な人生が始まる。

外部要因による強制的な変化はそうそうあるものではない。
退屈な人生が嫌ならば、自らの手で変化を起こす必要がある。

転職もそうだし起業もそうだ。
仕事関連だけでなく、引越しなど居住環境を変えるだけでもいい。
これまで見向きもしなかった投資に手を出してみるのでもいい。
何かしら自らの手で変化を起こし続けなければ人生は面白くはならないのだ。


posted by tom at 11:38| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

労働生産性の罠

日本の労働生産性がG7最下位だと先週ニュースに出ていた。
日本の労働生産性が低いことはずっと言われていることで、だから生産性向上、効率化ということがスローガンのように言われ続けているのだけど、これに関してはいつも疑問だ。

そもそも労働生産性の定義が単純過ぎる。

OECDで使われている労働生産性は購買力平価でならした各国のGDPを就労人口で割ったものに過ぎない。
ということはGDPをそれほど変えずに就労人口が大きく減れば労働生産性は上がる。

これは何を意味するのか。

日本は正社員を解雇することが容易ではない。
例えある事業の採算性がなくなり事業ごと閉鎖したい場合でも、アメリカのように一律レイオフというのができない。
この部分を変えない限り、労働生産性など上がろうはずもない。

そもそも上記のような定義の労働生産性を上げる必要はあるのか、という問題もある。
容易に解雇されないなら労働者にとっては喜ばしいことかもしれなくて、例え国全体で見て労働生産性が低いと国際社会から言われたところで、労働者個人単位で見たらそんなことはどうでもよいことなのである。

一つ言えるのはこういった生産性の低さの指摘を受けて、じゃあ効率的に働こう、とするのは全くナンセンスということである。

効率的、つまり単位時間あたりの仕事量を増やしたところで、労働生産性は向上しないからだ。

効率的にGDPを増やしていこう、という議論ならまだ分かる。
本末転倒な気もするが、それをやるならGDPが増えやすい産業形態、例えば金融業、などに国全体の主体がシフトしていくくらいしかない。

製造業が多く、そしてそれら製造業がどこも青色吐息な日本がOECD定義の労働生産性が低いのは当然と言えば当然なのである。
不採算部門をヒトごと閉められないなら、必然だろう。








posted by tom at 17:36| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

仮想通貨という名称は違和感がある

仮想通貨という名称は日本では正式なものとなったが、少し違和感がある。
仮想というのがいかにも現実世界では使えない通貨のような感じがして。

実際に現実世界の通貨との兌換性を持たせないで設計されたものならば、まだ分かるが今はそうなっていないわけだし。

仮想というのは英語のvirtualを訳したものだろうが、virtualには「実質上の」という意味で使われているだろうから、完全な誤訳だ。
実態を持たないという意味でソフト通貨という名称が合っていそうだが、ハード通貨、ソフト通貨というのは伝統的に使われている用語で全く意味が異なってしまう。

難しいところだ。

posted by tom at 10:03| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

『告白』レビュー:違和感たっぷりの進行

湊かなえ原作、松たか子主演。

最愛の娘を殺された先生が、殺した犯人である生徒二人へ復讐するお話。
この手の話によくあるような偽善的な展開が一切なくてそこはとてもよいのだけれど、物語の進行に違和感がある。

松たか子演じる女教師は緻密に復讐計画を練るのだけど、いくら犯人である中学生二人を追いつめるよう計画したところで、あんな風に精神的に壊れるだろうか。

それが計画の範疇なのだとしたら随分ご都合主義だし、勝手に壊れたならお粗末な計画と言わざるを得ない。

そして表現方法がとても稚拙に感じる。

精神が壊れたら叫ぶ。みんな叫ぶ。
そして血を見たら悲鳴。
鼻血を見たくらいで悲鳴をあげる子なんているのだろうか。

最後、主犯の生徒が自らの母親を自作爆弾で吹っ飛ばしてしまったことを聞いて大声で叫び続けるのだけど、1分もしないうちに男性教師やら何やらにつまみ出されるはず。
今や部外者となった女教師の独白を皆が黙って聞いてるのも不自然すぎる。

この手の報復系の話だと、特に日本での作品の場合は復讐を結局諦めることが多くて、そんな陳腐で偽善的なストーリー展開に飽き飽きしていた多くの人には新鮮で良い展開なのに、小さな違和感の積み重ねで素直に楽しめない。

非常に残念。





posted by tom at 01:43| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

アルトコインはスプレッドが広すぎる

ビットコイン以外のいわゆるアルトコインはスプレッドが広すぎる。
スプレッドとは買値と売値の差のことで、これが通貨取り扱い業者の収入となる。

2017年5月現在、通貨や業者によるが、アルトコインのスプレッドは2-5%程度である。
これは固定ではなく、取引の流動性によってリアルタイムに変わる。

FXであれば業者間の価格競争が進み、スプレッドはメジャー通貨間であれば0.1-0.5%程度が主流であり、しかも原則固定だ。

ここまでコストが下がればいいが、それはつまり市場が限りなく効率的になったことを意味する。
そうなれば当然今のような1日で200%も値上がりするような状態にはならないわけで、投資対象としての魅力が半減してしまう。



posted by tom at 06:47| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

仮想通貨の環境整備が追いついていない

仮想通貨のポテンシャルの高さは凄まじいものがあるが、まだ法律などの環境の整備が追いついていないのも事実。
特に税制面。
仮想通貨で得たキャピタルゲインがどの税収に該当するかが明確にされていないというのだから投資する側からすると不安が残る。

どの区分であっても総合課税だろうからそこも苦しいところ。
儲けすぎると累進課税で半分を税金で持っていかれてしまう。

税制面だけでなく取引コストの面でも株やFXに比べるとまだまだだ。

まだ取り扱い業者が少ないので十分な競争がされておらず、コストが高い。

入金、出金のコストもあるし通貨を購入すること自体に対するコストもある。
だが一番大きいのは買値と売値の差であるいわゆるスプレッド、これが仮想通貨の場合大きすぎる。
2017年5月現在、通貨によるが、ビットコイン以外の仮想通貨だと2-5%のスプレッドもざらで、しかも固定ではないので買おうと思ったらとてつもなく高値をつかまされる可能性があるので注意が必要だ。



posted by tom at 11:28| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

仮想通貨の凄まじいポテンシャル

仮想通貨のリップルが今年にはいって凄まじい値上がりを見せている。
5月だけで見てみても月初に10円以下だったものが、一気に2週間足らずで45円超え、実に4倍以上の値をつけた。
すさまじいポテンシャルを感じさせる。
もしかしたらここが時代の変換点なのかもしれない。
あるいはこの後価値が暴落してしまうのかもしれない。
それは誰も分からない。
株やリアル通貨と違って、仮想通貨はその正味の価値が非常に見積もりにくいからだ。
株も完全ではないにしろ、現在価格が割安か割高かというのを測る指標がある。
リアル通貨も金利差からの購買力平価である程度の感覚は掴める。
仮想通貨にはそれがない。
なのでどこまでも上がるかもしれないし、誰にも見向きもされないほど価値が下がるかもしれない。

しかしながらこのリップルの爆上がりは凄まじい。
1年以上前に投資していた人なら数十倍の値上がりを見せているわけで、今後の推移が楽しみ過ぎる投資対象ではある。


posted by tom at 11:44| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク