スポンサーリンク

2013年02月06日

告白なんてしないに限る

告白。

私はあなたのことが好きです、というあれ。

告白って何でするんだろう。
全くもってハイリスク・ローリターンなのに。

そもそも告白してうまくいくなら告白しなくてもうまくいく。
どんどん遊びに誘って仲良くなって、気付いたらもうどっからどう見ても恋人同士、という状態になれるだろう。

告白してうまくいかないなら、時期早尚か全く眼中にないかどちらかだ。
わざわざ好き好んで玉砕する必要もあるまい。
断る相手だって辛いのだ。

告白して初めて実る恋愛などほぼないはず。
あるとすれば、告白に弱いが故に、告白されたら何となく付き合ってしまう人との恋愛。
それだけだ。
自分のことを大して好きでもないのに、告白してくれたから付き合う、そんな無意志の人と付き合いたいのであれば告白すればいい。

そうでないなら告白には何のメリットもない。

告白して二人の関係を恋人という形で線引きしたい、キチッとけじめをつけたい。
そう反論する人もいるだろう。
しかしその実、告白する側の心理は、自分が白黒ハッキリさせて、すっきりしたいだけなのである。
つまり自分の気持ちを相手に知って欲しい、そして付き合う、付き合わないはっきりして欲しい、早く答を出して欲しい!そんなエゴむき出しの感情的な行動なのである。
告白というのは。

恋人と友達の間に、万人が認めるような明確な線引きなどない。
けじめをつけたければ、相手がそれを望んでいることが分かってからつければいい。

自分はスッキリしたいのか、相手と付き合いたいのか。
そこのところをハッキリさせた上でとるべき戦略を決めるべきだろう。

スッキリする以上に相手と付き合うことのほうが重要なら、告白などしないに限る。


posted by tom at 18:19| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク