スポンサーリンク

2010年06月30日

『本当に好きなことをして暮らしたい』

本当に好きなことをして暮らしたい!
バーバラ シェール
ヴォイス
売り上げランキング: 91887

幸せになるには自分の才能を最大限に活かした職業に就くしかない。

そんな職業の見つけ方は下記の通り。
1.今まで好きだったものを全て挙げる。
2.それらを職業にした場合を徹底的に想像する。
3.その職業で頂点を極めた瞬間を夢想する。
4.さらにその職業で5年後、10年後どうなっているかを想像する。
5.想像の中で最もハッピーになれた職業、それがあなたの天職。

後は迷わない。
ひたすらその道で頂点を目指す。
それだけ。

posted by tom at 17:47| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

『あなたに成功をもたらす人生の選択』

あなたに成功をもたらす人生の選択

あなたに成功をもたらす人生の選択

価格:680円(税込、送料別)


人生のすべてはあなたの選択次第だ。
落ち込むことも、最高の気分になることも、全てあなたの選択の結果なのだ。




posted by tom at 19:20| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

『自己信頼』

自己信頼

自己信頼

価格:1,260円(税込、送料別)



人が何と言おうと、自分自身の声に従う。
自分自身の声を聞くためには、人は1人にならなくてはならない。




posted by tom at 18:19| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

『アルケミスト』

アルケミスト

アルケミスト

価格:819円(税込、送料別)



人が何かを全身全霊で欲するとき、宇宙全体がそれに協力してくれる。



posted by tom at 00:00| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

『天使のナイフ』

第51回江戸川乱歩賞受賞作


妻を少年3人に惨殺された男が、なぜ妻が殺されることになったのか、少年法に守られ殺人後もぬくぬく生きている彼らに悔恨の念はあるのか、といったことで日々苦悶し、実は彼らは...というところで意外な展開を見せる、というお話。

ネタバレする
posted by tom at 14:54| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

『13階段』

第47回江戸川乱歩賞受賞作


殺人を犯して刑務所に服役していた村上純一が、刑務官の南郷とともに、弁護士からの依頼で死刑確定囚の冤罪の可能性を探る、というお話。

続きを読む
posted by tom at 15:28| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

フランスあっさり一次リーグ敗退

フランス 1 - 2 南アフリカ

まさかこんなとこで敗退とは。

色々トラブル続きだったみたいだけど。

頻繁に顔をドアップにされるアンリには、終始、諦念が滲んでいたような気がする。

一体彼らは今どんな気持ちでいるんだろう。

posted by tom at 05:32| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

そろそろ本気でお金持ちに…



金持ち父さん貧乏父さんシリーズと似ている。
不労所得を得ているか否かで人々を分けている点などそっくり。
本書が言いたいメッセージを一言で言うならこうだ。

不労所得・知識集約型ビジネスで稼ぎましょう

つまり、サラリーマンや医者、弁護士のように、働いた時間に比例して収入が上昇するような労働集約型ビジネスでは、すぐに収入は頭打ちになりますよ、決して金持ちにはなれませんよ、ということ。

翻って、アーティストや投資家のように、一度収入が入る仕組みを作ってしまえば、寝ていてもお金が入り続ける知識集約型ビジネスをやっている人々、こういった人達を目指すべきだという。

金持ち父さん貧乏父さんシリーズと違うのは、文体が非常に読みやすい点と、好きなこと・得意なことをして稼ぎましょうというメッセージが強い点。

そして本書が提唱する、最も短期間でお金持ちになる方法が"スペシャリスト"になること。

スペシャリストといっても医者とか弁護士とか一般的に想像されるような専門職のことではなくて、ニッチ分野でトップの存在という意味。
既存の分野でトップになれないなら、新しい分野を開拓してしまえ、そしてそこでトップを名乗るのだ、とそういうノリ。

で、どんな分野でトップになるんだ?という方法も本書では提示されていて、基本的には楽しいことと得意なことの重なる領域ということになる。
自分史なんかを書いて分析してくださいねーといった感じ。




posted by tom at 00:00| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

事業失敗を繰り返し、挙句にホームレスって本当にいるんだ



世の中の成功本の類は、失敗しても失敗しても諦めなければいつかは成功できる的なノリの本が多いのだけど、そういったモノに警鐘を鳴らすのが本書。
といっても、決して著者はそんなこと微塵も意図してはいないのだろうけど。

著者の堀之内九一郎氏はテレビにも露出しているだけに、知っている人も多いと思うけど、事業に失敗しまくってリアルにホームレスを経験したという体験はすごい。
この飽食大国の日本でも、リスクをとりまくるとそうなるんだな、と感心。

日々ゴミを漁って、通りすがりの人間には蔑まされ、このまま一生ホームレスなのかと絶望して寝床につく-そんな毎日を送るくらいなら、リスクなんかとらない、一生雇われ人でいいや、その考えもありだと思う。
そういった判断を下すために本書を読むといいかもしれない。

ちなみに参考になった彼の成功哲学は下記の2点。

・欲の力を使って人生を豊かにする
・絶対的に信頼できる師匠を持つこと



posted by tom at 15:23| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

『今したいことを、今しよう』



煩悩、というか望みを108個書き出す。

そしてそれらを、欲しいもの、したいこと、なりたいものの3つに分類。
さらにそれぞれを、すぐできるもの、頑張れば何とかできるもの、難しいものに分類する。

すぐできるものはすぐやってしまえ。
そして難しいものは頭の片隅に置きつつ、日々達成を目指す。


posted by tom at 19:31| Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク